お役立ち!TESOL留学ノウハウ集

TESOL留学の利点や注意点とは

トップページ > TESOLの留学豆知識 > TESOL留学の利点や注意点とは

TESOL留学の利点や注意点とは

英語は世界各国で利用されている言語であり、英語を学び教える立場になろうと考えている人ならば一度は耳にしたことがあるのが、TESOLではないでしょうか。
TESOLは英語が母国語ではない人に対し、英語を教えるための国家資格の一つと考えておいて問題はありません。
TESOLを持っているからと言って必ずしも教える立場として職に就くことができるわけではなく、持っているからと言って優れているというわけでもありませんが、一定レベルは超えているという一つの基準として役立つことは確かです。
中には、TESOLを持っていることを採用基準の一つとしているケースもあります。
すでに英語を教える立場の人がスキルアップのために取得することも多いですが、自らの英語力アップのために取得する人も増えています。


英語が話せる人でも他人に教えるとなれば簡単にはいかず、いかに教えることが難しいかを実感することになるのではないでしょうか。
TESOLを取得するための方法は一つではなく、日本にいながら取得することも勿論可能です。
しかし、近年では留学という選択をする人も多くなっており、世界各国でTESOL取得のためのカリキュラムのあるコースが増えています。
英語力をアップさせることは勿論、コミュニケーション能力を高めることも目的となっています。
TESOLといってもレベルも様々なので、自分のレベルと目的に合わせたコースを選ぶようにしなければなりません。
日本でも英会話の必要性が高まっているように、海外でも重視されているからこそニーズも増えておりTESOLは役立つ国家資格と言えます。


TESOLを取得することにより、キャリアの幅が広がるというのは大きな利点ではないでしょうか。
TESOLの資格を取得することにより、国際的に働いていくきっかけにもなり、日本国内のみならず海外での就職の可能性も広げることができます。
コースの期間はレベルや留学先によって異なりますが、期間が短くなればその分必要となるトータル費用も抑えることができます。
しかし短期間で身につけ、有意義な時間にすることができるだけの英語力は最初から持ち合わせていることが必須となるので、気をつけなくてはなりません。
中には留学先の国で働き先も見つけてしまうという人もいます。
留学先によってどの程度の費用が必要になるのかや、TESOLを取得することができるのかにも影響を与えることになるので気をつけましょう。

次の記事へ

カテゴリー